自動車の維持費と燃費性能

若者の自動車離れが進んでいると言われていますが、
その原因は自動車の維持費に大きな理由があります。
自動車を所有していると、走行した時のエネルギーとなるガソリンの燃料費や
駐車場を借り受けたときの料金などの支払いが必要となりますが、
自動車の維持費としてはもっと大きな金額を支払わなければなりません。
それが税金や保険になります。
税金は毎年支払わなければならず、普通自動車になると年式などにもよりますが
4万円~6万円ほどの金額を支払わなければなりません。
また、それとは別に自動車保険のも必要です。
車検時に支払わなければならない強制保険とも言われる自賠責保険と、
事故を起こした際に自賠責保険では賄いきれない怪我や後遺障害、
また物損の橋の支払いや店舗などの場合の休業補償、
自分の車が破損した場合の車両保険など、
保険会社やプランにもよりますが1ヶ月5000円~2万円ほどの支払いが必要となります。
燃料費以外のものは車を所持しているというだけで、
乗っていなくても必要になるもののため「たまにしか乗らないのならば自動車はいらない」
という判断をしている人も少なくありません。
「どうしても自動車が必要」という人の場合は、
これらの維持費が安く済む軽自動車を選択する人も少なくありません。
駐車のしやすさや税金の安さ、
燃費の良さや高速道路を走る時にも料金が安く済むというメリットがあるため、
軽自動車の普及率が50%を超えるほどに成長してきているのです。

福岡の交通事故事情

平成28年4月のデータで、1ヶ月に北九州市で9件、福岡市で18件、飲酒運転による事故が発生しているようです。飲酒運転は最近厳しく取り締まられていて、罰則も厳罰なのに、まだ福岡だけでもこんなに飲酒運転が発生しているのですね。
避けようとしても運転手がお酒に酔っていたら、避けられませんよね。
福岡でもし飲酒運転などの加害者から交通事故を起こされたら、福岡市にあるhttps://交通事故弁護士相談福岡.jpに相談しましょう。